《HSP》変われる人と変われない人、その違いとは…

「なんでこんなこと気にしてしまうんだろう」

「あの人みたいに気楽に考えられたらな」

「こんな性格だからきっと苦しいんだ」

「こんな自分が嫌だな」

こんな風に考えたとき、たいていのHSPさんが1番に思いつくのは

「このままじゃいけない!何とか変えなきゃ!!」

 

そして、環境を変えてみる、生活を変えてみる、考え方を変えてみる、行動を変えてみるなど

いろんな努力をしようと考えるはずです。

 

しかし、

そう考えてはいるものの、

数か月後…

「なんか結局変わってないな」

「なんだかんだ、行動に移せていない…」

「やっぱり私には無理だったんだ」

と考えてしまうことも少なくありません。

 

では、

《変わりたいと強く感じているのに変われない人》と、《変わりたいと思って実際に変われる人》の違いとは、何なんでしょうか?

それは、

潜在意識の「現状維持システム」の存在を知っているかいないかの違いなんです!!

 

 

潜在意識には、「現状を維持しようとする」という特徴があります。

この現状維持システムは、生命を守るためにすべての人に備わっている力です。

 

その潜在意識の「現状維持システム」のしくみを知らないことで、

「変えよう!」としたときに潜在意識が「変わらなくていいよ!」という指令を出しているので

それに気づかず、無意識で変わらなくていい理由を探してしまいます

 

「今は忙しいから」「心の余裕もないし」という理由に納得し、

行動に移せなくなってしまいます

すると、行動は何も変わらないので、もちろん人生も変わりません。

例えば…

「このままじゃ良くない!変えたい!」と強く決意する

   ⇓

本やSNSで変えられる方法を調べたり、カウンセリングを受けてみて…

   ⇓

自分で何とかでできそう!変われるかも!

   ⇓

数日後、あの時は変われる気がしたけど

今も同じことで悩んでるな…

 

という流れに陥りやすいです。

 

元気が出たときに潜在意識は変わることのリスクを避けるために、

すかさず「変わらなくていいよ」と指令を出してきます。

 

変わりたいと思って努力しているあなたのせいではありません

HSPさんは、自分を責めてしまうことが多いので

ご自分の意志の弱さだと思い込んでしまうかもしれません。

 

潜在意識と自分の力関係99:1なんです。

圧倒的に潜在意識の力が強いので、自分の意志では到底かないません。

 

いくら自分が変わりたいと感じても、潜在意識が変わらなくていいと指令を出してしまえば、それに従わざるを得ないんです。

潜在意識に引っ張られていると知らない人は「自分はやっぱり変われないんだ」と落ち込みますが、

知っている人は、「今潜在意識に引っ張られているんだ、変わるのが怖いとか、行動するのが不安だと感じて当然だ」となり、スムーズに行動に移せるようになります。

 

行動に移せるということは、人生は変わります

 

しかし、行動に移せなければ現状が変わることはありません。

今までと同じ人生を送ることになってしまいますよね。

 

 

変わりたいと強く感じているのに変われない人と、変わりたいと思って実際に変われる人の違いは、

その潜在意識の特徴を知り、味方につけることです!

ぜひ、ここを意識して取り組んでみてくださいね。

 

やってみたけど、ひとりではなかなかうまくいかなかった方、

変わりたいのに変われていないと感じている方、

伴走者がいることで確実に変わることができますし

不安も少なく、遠回りしたり、迷子になったりすることもありません。

本気で「変わりたい」「人生を良くしたい」と感じていらっしゃる方は、ぜひ一度ご相談くださいね。

「《HSP》変われる人と変われない人、その違いとは…」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です